どうして糖尿病になるの? 糖尿病の種類と成因

どうして糖尿病になるの? 糖尿病の種類と成因

 

 

2型糖尿病

 

2型糖尿病は遺伝的な体質に環境因子が加わって発症する糖尿病です。遺伝的な体質とは血糖を下げるインスリンの分泌が弱くなる(インスリン分泌の低下)ような複数の遺伝素因が存在している状態で、環境因子すなわち食べ過ぎ、脂肪の取り過ぎ、運動不足、肥満、ストレスなどが加わりインスリンの効きが悪くなり(インスリン抵抗性)、やがてやがてインスリンの作用不足が生じ糖尿病が発症します。過食や運動不足が原因でもあるので糖尿病は生活習慣病とも言われますが、インスリン分泌の低下が背景に存在しています。

2型糖尿病|一般の皆様へ|日本内分泌学会

日本内分泌学会

 

著者:上野尚彦 (上野内科・糖尿病クリニック院長)

日本糖尿病学会認定 糖尿病専門医
日本内科学会認定 総合内科専門医
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 非常勤講師
日本糖尿病学会 近畿支部評議員

1988年に島根医科大学を卒業後、神戸大学医学部第二内科に入局。神戸大学大学院医学研究科博士号を取得。米国フロリダ大学医学部  博士研究員、神戸海岸病院内科部長などを経て、上野内科・糖尿病クリニックを開院。

 

神戸市中央区元町|三宮の内科・糖尿病内科なら上野内科・糖尿病内科クリニックのTOPへ戻る