院長ブログ

夏場の血圧の下がり過ぎに注意しましょう!(降圧剤内服中の場合)

糖尿病と血圧は深い関係があり、2型糖尿病患者の約半分に高血圧を合併すると言われています。その原因として2型糖尿病では肥満が多く、そのことが原因で交感神経が緊張し血圧を上げるホルモンの分泌が高まること。また肥満になるとインスリン抵抗性(インスリンが効きにくくなること)が起こるため、それに抗してインスリン分泌が多くなり、からだに塩分をを貯め込むため血圧が上がります。
診察室での血圧はストレス、緊張のため上昇しやすく高すぎると白衣高血圧になります。逆に本当は血圧が高いのに“診察室で測ると正常”という仮面高血圧というのもあるため、自宅での自己血圧測定を強くお勧めします。朝起床時、排尿した後続けて2回測定し平均した値をモニターしてください。家庭血圧計の説明書を見直し正しい測定方法で測定し、できれば1日2回(起床時と就寝前)測定するようにしましょう。起床時の血圧測定は、脳梗塞や心筋梗塞のような動脈硬化や腎障害のような臓器障害を進行させる夜間高血圧や早朝高血圧の検出に役立ちます。
夏場、血圧測定で注意すべき点は、降圧剤内服中の場合血圧が下がり過ぎる可能性があるということです。血圧は気温が上がると、全身の血管が拡張し血管内の圧が下がり、汗が出ることにより水分・塩分を失い血圧は低下傾向となります。糖尿病の治療において血糖と同様に血圧も良好な値ににコントロールにすることが重要ですが、血圧も低すぎると内臓への血液供給不足が起き弊害が起こります。降圧剤服用中で、ふらつきや立ちくらみが出た場合すぐ血圧をチェックすることが必要で、家庭血圧で収縮期血圧(上の血圧)が100以下になるような場合下がり過ぎの可能性があります。くすりで血圧が下がり過ぎるような事態は避けなければなりません。そのような場合は早めに主治医と相談してください。
今からが夏の本番です。暑いときは汗をかいている自覚がなくても皮膚や息から水分を失いますので多めに水分をとり、汗をかいた自覚があればその時は少し多めに塩分もとりましょう。