糖尿病における食事療法と運動療法の落とし穴

糖尿病の治療の基本は食事療法と運動療法です、と耳に胼胝ができるぐらい聞かれているかと思いますが、食事療法か運動療法のいずれかを行うということではなく、両者を同時に行うことで糖尿病治療(血糖コントロールや肥満に対する減量)においてさらに大きな効果が期待できます。糖尿病の合併症が進行している場合、運動療法が制限されることがありますので一度主治医に確認してください。食事療法のみでも血糖値は下がりますが、運動ができていないと筋肉量が減少して活動性が落ち、将来的に健康寿命が短くなる可能性があります。一方、運動療法のみを行って食事療法をしない場合、例えば、日頃ジムに行って有酸素運動とレジスタンス運動をきっちり行っているが食事は食欲に任せている場合・・・かえって体重が増え血糖値が上昇することがあります。これは、運動をすると食欲が亢進し、ジムに行って運動している安心感から摂食量が無意識のうちに増加してしまうことが原因であると考えられます。また、糖尿病の食事療法をきっちり遵守しているのに血糖値が上昇するので詳しくお話を聞くと、制限した分あるいはそれ以上を間食で補っていた例もあります。糖尿病における食事と運動・・・今一度見直してみましょう!