体重減少効果のある糖尿病治療薬

糖尿病の治療においては食事・運動療法が基本ですが、血糖コントロールが悪い場合や病状により薬物療法が行われます。近年、糖尿病治療薬は進歩を遂げ、内服薬・注射薬においてさまざまな糖尿病治療薬が登場し選択肢も拡がっています。糖尿病治療薬の中には体重減少が期待できる薬があります。
1)SGLT2阻害剤:SGLT2阻害剤は血中の余分な糖を尿中に排泄して血糖値を下げる薬です。尿中に糖が出て行き、カロリーが失われる分体重が減ることになります。さらに、SGLT2阻害剤は糖尿病の合併症でもある心血管疾患と死亡を減少することが示され、大きなインパクトを与えました。その他、糖尿病性腎症の進展や脂肪肝を抑制し、心不全の治療薬にもなっており、SGLT2阻害剤の多面的な効果が注目されています。
2)GLP1受容体作動薬:GLP1は食物が消化管に入った時に分泌され、インスリンを分泌させ血糖値を下げる消化管ホルモンです。GLP1受容体作動薬は血糖値を下げる以外に、胃の消化管運動を抑制し中枢における食欲抑制作用があり体重を減少させると考えられています。GLP1受容体作動薬もSGLT2阻害剤と同様、心血管疾患とを減少することが示され、さらに脂肪肝の改善効果や糖尿病性腎症の進展を抑制させる作用も確認されています。GLP1受容体作動薬は注射製剤しかありませんでしたが最近では経口剤も処方可能となりました。米国では肥満治療薬としても承認されています。