2021年お正月  皮下脂肪と内臓脂肪について

糖尿病と肥満は深い関係があり、肥満の分類において、皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満に分けることができます。これは脂肪のつく部位の違いで皮下にたまるか内臓(おなか)にたまるかによります。脂肪は本来、エネルギーを貯蔵する役割がありますが、最近、脂肪は内分泌臓器、すなわちホルモンを産生し体の代謝を調節している働きがあることがわかってきました。このホルモン(アディポサイトカイン)には善玉、悪玉があり血糖値や体重、動脈硬化などに影響を与えているため糖尿病において血糖値やその合併症である動脈硬化に大きく関係しています。ここで重要なのは、内臓脂肪が増加すると悪玉ホルモンが増えると同時に善玉ホルモンが減り、生体に悪影響を及ぼしてしまうことです。内臓脂肪が増えるといわゆるメタボリック症候群となり、血糖、血圧、中性脂肪が上昇し心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化症が進行します。内臓脂肪型肥満の診断基準は、腹部CT検査で臍部断面の脂肪面積が100cm2以上とされていますが、自分で簡単に知る方法があります。息を吐き切った状態で、自分のおへそのレベルで腹囲を測定し、男性で85cm以上、90cm以上あれば内臓脂肪型肥満ということになります。相撲の力士は肥満体型のように見えますが、厳しい稽古をこなしているせいか、実際、内臓脂肪はあまりなく皮下脂肪が蓄積しているようです。対策としては、まず減量、体重を減らすことです。運動を励行し、摂取カロリー・栄養バランスを見直しましょう。体重が減ると、内臓の脂肪から減っていき1kgの減量で1cm腹囲が縮まると言われ、血糖、血圧、中性脂肪が改善し、見た目もよくなります。まず現体重の3%、(2~3kg)減らすことを目標にしましょう。
お正月が終わってから内臓脂肪のことを意識してみませんか?