糖尿病と新型コロナウィルスについて

 

糖尿病があると新型コロナウィルスの重症化リスクが上昇すると言われています。なぜ糖尿病があると危険なのでしょうか?

糖尿病になると免疫機能が低下しやすい、すなわち感染症にかかる可能性が高くなります。その原因のひとつとして血糖値の過上昇があります。血糖値が200mg/dl以上になると、生体を防御している白血球の機能が低下することが解っており、ウィルスの排除が困難になることが考えられます。従って血糖値を良好にコントロールしていくことが重要になってきます。食事をすると血糖値は上昇しますので、自己測定をして食後血糖が200mg/dlを超えないようにしましょう。自己測定ができなければ尿検査で食後1~2時間に検査を行い、尿糖陰性(-)を目指しましょう(陰性であれば推定血糖値はほぼ180mg/dl以下になっているはずです)。その他の原因として、糖尿病の合併症がある程度進んでいるとリスクが高くなることが考えられます。動脈硬化が進んでいたり微小血管に障害がある場合、末梢での血液の循環障害が起こり、臓器に酸素や糖分などの栄養分が供給されなくなったり、白血球が組織の末梢まで届かず免疫能が低下する可能性があります。また、糖尿病においてインスリンの効きが悪く血糖値が上がっている場合、白血球内の糖代謝もうまく働かず、白血球自体の機能が落ちてしまう可能性もあります。糖尿病イコールリスクが高いではなく、しっかりと血糖を良好に保ち、それによって糖尿病の合併症をおこさないあるいは進行させないことが重要であると思われます。

今のご時勢、なかなか外出しづらく活動度が落ちて体重が増え、血糖値も上昇しがちです。現在の状況では混雑しているところにさえ行かなければ散歩・ジョギング・自転車での運動は問題ないでしょう。家の中でじっとせずに音楽でも聞きながらストレッチ、スクワット等を行ったり、家事・掃除・整理整頓などでもカロリー消費は期待できますので、こまめに体を動かしましょう!