Skip to content
神戸市中央区元町、三宮の内科 糖尿病専門内科 肥満症外来 上野内科・糖尿病内科クリニック

院長ブログ

クスリを使わずに血糖を下げる方法(糖尿病における食事のとり方)

 

糖尿病の治療において、まず食事に気をつけましょう!と言われます。これを聞いただけで憂うつになる方がいるかもしれません。血糖コントロールが悪い場合、何かを変えなければ今までの食事のとりかたでは血糖値はさらに高くなり、糖尿病の合併症も進行してしまいます。それでは実際どのようにすればよいのでしょうか?

まずシンプルに、食べる量とバランスについて考えてみましょう。量については、まず少し減らしてみることです。腹八分目といいますが、満腹になる少し前でストップしてみましょう。ひもじく感じるなら、次に何を食べるかあれこれ考えるようにすると気が紛れるかもしれません。1回に食べる白米の量は、体格にもよりますが普通のお茶碗に軽く一杯程度を目安にしてください。食後血糖が高いと動脈硬化や認知症になりやすいことがわかっています、血糖の上昇はほぼ糖質によって決まりますので、糖分の多い主食(炭水化物:白米、パン、麺類等)が多いとどうしても血糖値は上がってしまいます。白米よりも玄米の方が血糖の上昇は少ないので玄米を白米に混ぜてもいいかもしれません。他に食後血糖の上昇を防ぐ方法としては、食べる順序を意識することです。食べ始めに野菜、キノコ類、海草をとること、大豆類も最初に食べると効果があると報告されています。他の栄養素であるタンパク質や脂質については食べても血糖値はそれほど上がりませんが、糖質の代わりに肉類などを多くとってしまうとコレステロールが上昇する可能性があり動脈硬化のリスクを高めてしまいますので量とバランスを考えて食事することが重要です。

いきなり食事のとり方を変更するのも大変かもしれませんので徐々に行ってみてください。

Scroll To Top