Skip to content
神戸市中央区元町、三宮の内科 糖尿病専門内科 肥満症外来 上野内科・糖尿病内科クリニック

院長ブログ

脂肪肝について

 

肝臓に中性脂肪が過剰に蓄積している状態を脂肪肝といいます。2型糖尿病と脂肪肝は密接に関係し、2型糖尿病においては20~80%が脂肪肝を合併していると報告されています。脂肪肝があるとインスリンの効き具合が悪くなり糖尿病の原因になる可能性があります。脂肪肝の原因としては、アルコール過飲による中性脂肪の蓄積によるものがありますが、最近ではアルコールとは関係のない非アルコール性脂肪肝(NAFLD、ナッフルディー)が注目されています。日本人では非アルコール性脂肪肝が多く、肥満や食べ過ぎ、運動不足などが原因となります。実は、アルコール性脂肪肝よりも非アルコール性脂肪肝の方が深刻で放置すると肝硬変さらには肝臓がんに進行する率が高いことが知られています。さらに脂肪肝は心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化につながりやすく注意が必要です。それでは脂肪肝を予防したり進行を止めるにはどうしたらいいのでしょうか?非アルコール性脂肪肝はメタボリック症候群の表現型であると考えられていますので、まずは減量を行い、おくなか周りを小さくすることです。現在のところ脂肪肝に有効な薬はほとんどなく食事のとり方の見直し、運動の励行が必要となります。具体的対策としては、糖質と脂質の摂取を抑え、野菜類、大豆製品(豆腐、納豆など)を増やしてできるだけ食事の最初にとること。運動についてはウォーキングなどの有酸素運動を増やすことに加え、少し筋肉に負荷のかかるような軽いスクワット(自分のペースに合わせた強度で)を加えるのが効果的です。日頃の通勤などウォーキングの前に10回程でもスクワットをしておくと脂肪燃焼効果が増大します。

Scroll To Top