Skip to content
神戸市中央区元町、三宮の内科 糖尿病専門内科 肥満症外来 上野内科・糖尿病内科クリニック

院長ブログ

食後の血糖値も意識しましょう

 

2型糖尿病は突然発症するのではありません。ほとんどの場合、正常から境界型糖尿病(糖尿病予備軍)になり、さらに進行すると糖尿病を発症します。

糖尿病予備軍や糖尿病が出現する過程で最初の変化として、まず食後の血糖値が上昇していきます。糖尿病が発症するまではほとんど症状が出ないので、知らないうちに病気が進んでいくことになります。また、食後の血糖上昇は、動脈硬化や認知症の原因になりますので注意が必要です。職場で健診をされている方もあると思いますが、ほとんどの場合、採血が空腹時に行われますので食後の血糖値を知る機会がありません。HbA1c(ヘモグロビン エー ワン シー)という血糖マーカー(ここ1~2ヵ月間の血糖の平均値)を測定し、空腹時血糖値が正常でもHbA1cが基準値よりも高ければ食後の血糖値も高いことが予想されます。その場合、糖尿病予備軍あるいは糖尿病になっている可能性がありますので精密検査(糖負荷検査)を受けられることをお勧めします。

Scroll To Top