神戸市中央区元町、三宮の内科 糖尿病専門内科 肥満症外来 上野内科・糖尿病内科クリニック

院長ブログ

糖尿病および肥満における運動療法のコツ

 

糖尿病の運動療法において、歩行や自転車、ジョギングなどの有酸素運動が有効です。運動を開始すると血糖は低下していきますので、“自分の血糖が下がっている!”とイメージしながら運動しましょう。

さらにレジスタンス運動、すなわち筋トレのような筋肉に負荷をかける運動を加えるとさらに効果が上がります。筋トレといっても激しい筋トレ運動ではなく、軽いスクワットのような運動で十分です。週2~3回、最初は椅子につかまりながらの軽いスクワットから始め、少しずつ強度を上げで行くようにしましょう。スクワットにより下半身の筋肉が鍛えられ、寝たきり防止にもなる利点もあります。

 

糖尿病あるいは肥満に対する減量において、簡単で効果的な運動方法のひとつに、“細切れ運動”があります。

以前は、脂肪の燃焼には20分の歩行が必要と言われてきましたが、そうでなくても数分の運動を積み重ねることによって同等の効果が期待できます。

例えば階段昇降や体を動かすような家事・掃除等、身近な体の動きを増やしてみてはいかがしょうか?

 

食事療法をしないで運動のみしていても効果は上がりません。運動で食欲が増進してかえって逆効果になることもあります。効果を上げるコツとしては同時に食事にも気を配りながら運動療法を行いましょう。