神戸市中央区の内科 糖尿病専門内科 上野内科・糖尿病内科クリニック

院長ブログ

糖質制限ダイエットについて

 

最近、糖質制限ダイエットが注目されています。これは、ごはん、パン、麺類などの炭水化物の摂取を控え、おかず(タンパク質、脂質)はあまり制限しないというダイエット法です。

このダイエット法により体重が減り、血糖値も下がることが多く、かなりの効果が出ることもあります。身体は、活動を行う上で絶えずエネルギーを必要としています。最初にエネルギーとして使われるのがブドウ糖で、これは炭水化物に由来しています。従って、炭水化物摂取しないと主なエネルギー源が不足し、物事に集中できなくなったり倦怠感や頭痛が出現しやすくなります。例えば炭水化物は一切取らないといった極端なダイエットは、何かしらからだにとって弊害が生じる可能性があります。目先的には、体重が減り、血糖値が下がり結果にコミットしてインパクトが大きいかもしれませんが、これを長期的に行うと、悪玉コレステロールが上昇して動脈硬化が出現したり寿命が短くなるといった弊害が報告されています。炭水化物は取りすぎると体重が増え、血糖値も上がります。やはり、適量がいいようです。日本人は古来から、いかにお米をおいしく食べるかを追求してきたのではないでしょうか?多過ぎず少な過ぎず適量適度の炭水化物をとり、毎回の食事を楽しみたいものです。